サラ金の審査は甘い?

サラ金の審査が“甘い”と言われている理由

銀行系での融資は審査が厳しいと言われているのに対し、サラ金の審査は簡単・手軽、時には“甘い”と言われることもあります。もちろん、仕事についていない人や収入がない人などは難しい場合があります。しかし、銀行系の融資サービスとの違いを審査基準などを緩くすることで、より多くの人が融資を得られるようにしています。どんな点で銀行系とは違うのでしょうか?

複数の借り入れ先があっても大丈夫

銀行系での審査基準で難しいと言われているのは、借入れ件数です。他のサラ金で借り入れている時に、銀行系でも融資を利用すると審査で落とされてしまうことがあります。その点で、サラ金の中には複数の借入先があっても融資が得られることがあります。3社以内でないと銀行系は審査が難しくなりますが、3社以上なら中小のサラ金は審査を通してくれるところがあります。複数からの借り入れが必要ならサラ金が良いでしょう。

いつでも甘いわけではない!

いくつも借り入れられるから大丈夫というわけではありません。実際には返済箇所が増えるわけですから、きちんと計画的しないと気が付いたら「ブラックリスト」に載っていた!ということもあり得ます。どんなにサラ金の審査が甘いと言われていてもブラックリストに載った人には貸してくれません。返済を果たせる信頼のおける人であることが、サラ金での審査を通しやすくする方法です。

サラ金の金利比較ランキング【即日融資も可能】おすすめ大手4社サラ金はこちら