バイトしていないと学生ローンは借りれない!嘘をついてもばれます!

学生にとって日頃の出費は大きな負担としてのしかかってくるものです。学校の授業料や一人暮らしの家賃、それに自動車教習やサークル活動費、さらには海外旅行や語学研修、留学などの出費に至るまでその可能性は数限りなく存在します。もしもこれらの際にお金が不足する事態が生じたならば、しかるべき金融会社の力を借りてスピーディーかつ手軽に融資金を得ると良いでしょう。中でも学生ローンは学生時代に付き物の便利な金融会社です。学生向けならではのお得な低金利と、誰もが借りやすい審査基準などが相まって、多くの利用者からの人気と支持を集めています。

ただしおすすめ学生ローンで借り入れする際には、比較的通過しやすいとはいえ、適切な審査が行われます。その際に必要とされるのが身分証と、自らのバイトなどの収入を証明する給与明細や源泉徴収票、あるいは確定申告書です。学生ローンではまずこれらの証書で身元を明らかにした上で、次に年収の状態をチェックします。学生であったとしてもバイトなどで何らかの収入を得ていることが最低条件であり、もしもバイトも何もしていない無職の状況であればいくら学生とはいえ借入審査に通過することはできません。これが学生ローンが貸金業法に則って運営されており、全ての貸金業者は総量規制を遵守した上で年収の3分の1を超える融資を行ってはいけないことになっているからです。つまりバイトなどで収入がなければ限度額もゼロとなり、実質的な融資が不可能となるのです。

さらに、もしもバイト先の情報などで嘘を記載して申請を行ってもすぐにばれてしまいます。これは審査の際に必ず在籍確認を行うからで、バイト先に電話をかけてしっかりと勤務実態を確認した上でその確証が取れてから融資の可否を判断することになっています。そのため、申請の際にはきちんと正しい情報を正直に記載することが大切です。