保存容器を使い分けて、水素を逃がさない

水素水の保存容器の種類

水素は分子が小さいために空気中に溶けだしやすい物質です。容器に入った水素水の水素濃度を一番長く保てるのはどの容器なのだろうと考える方は多いようです。主な保存容器にはペットボトル・アルミボトル・アルミパウチがあります。

それぞれの容器の特徴

ペットボトルは値段が安く店頭に並んだ時に、手に取りやすいのが特徴でしょう。ただペットボトルは水素が抜けやすい容器です。ペットボトルで水素水を保存すると、約27時間で水素濃度がゼロに近づくと言われています。製造工場で製造してから手元に届くまでには水素がすっかり抜けてしまっている可能性が高いです。自宅で生成した水素水を保存しておく時には早めに飲み切ってしまった方が良さそうです。アルミボトルはペットボトルに比べて水素が抜けにくい構造になっています。アルミボトルで水素水を保存すると、約30時間程度で水素濃度がゼロに近づくと言われています。時間差はそんなにないですが、若干ペットボトルよりも持ちがいいです。アルミボトルの難点は味が移りやすいということです。使うアルミボトルの種類や性能でも違いがありますが、容器の味がお水に移って気になるという方もいるようです。アルミパウチは特殊な構造になっているために、長期保存が可能です。一方値段が高価であることが気になります。アルミパウチに入った水素水なら6か月ほど保存が可能と言われています。水素をしっかり摂取したいのならアルミパウチはおススメです。それぞれにメリット・デメリットがあるので用途で使い分けると便利です。例えば水素水を自宅で作る時にはペットボトルを使用する、外出に持っていくにはアルミボトルに入れいていく、お店で買うならアルミパウチのものにするなどです。それぞれの特徴を知って賢く使い分けましょう。