実際にあった!中古車買い取り業者とのトラブル例

車を売る時に利用する「中古車買い取り業者」は、住んでいる周辺半径30km程度の範囲だけで数えても相当数あることが珍しくなく、全国対応の中古車買い取り業者を含めて考えると100以上の選択肢の中から選び出すこともあります。もし、車を高く売りたいということであれば、たくさんある中古車買い取り業者の中から最適な業者を選び出すことが必要になります。

その際、非常に効果的な方法と言われているものが「一括査定サービス」です。一括査定サービスを利用して中古車買い取り業者を選ぶことによって、より高く買取ってくれるところを探しやすくなります。しかし、買取価格だけを重視して業者選びをする方法には注意しなければいけないこともあります。

実際にあった中古車買い取り業者都のトラブルのうち、特に多いものは「後から買取価格を下げられてしまう」というものです。最初から価格を引き下げることを前提に高い価格を提示して契約をとる、というような悪質な買取業者があり、もしもそういった悪質な買取業者を利用してしまった場合には、大きなトラブルが発生する可能性が高くなってしまいます。

ただし、契約後の価格引き下げには整合性がとれる場合もあります。すべての状況において契約後の価格引き下げがトラブルに発展する訳では無いものの、本来であれば「買取業者側の不備」として処理すべきものである以上、もしもこの手のトラブルに直面した場合には然るべき方法で対応することが大切です。
車買取情報徹底解説ナビ|愛車の高価買取ランキングはこちら